プロバンサインの効果と副作用について!通販での処方もご紹介

ワキガや多汗症の悩み、本当に深刻ですよね。まわりにはなかなか相談しにくいですし、クリニックで診察・治療を受けることにも抵抗を感じてしまうもの。

そんなデリケートな悩み、深刻なワキガや多汗症のトラブルに、【プロバンサイン】という治療薬の改善効果が高い注目を集めています。

ここでは、プロバンサインがそもそもどんな医薬品なのか、特徴や効果、実際の利用者のホンネの口コミなどを情報満載でご紹介します。

1、プロバンサインとは?

プロバンサインとは、全身性多汗症による汗をおさえたり、不快なワキガのニオイを緩和する効果が期待できる医薬品として知られています。

プロバンサインには、臭化プロパンテリンという成分がメインでブレンドされ、副交感神経からの刺激を伝達する物質である、アセチルコリンをおさえ、汗やワキガのニオイを出にくくさせる作用があります。

プロバンサインの臭化プロパンテリンで、多汗症やワキガと原因物質となっている、汗を出す指令をおさえることができます。

プロバンサインは、多汗症やワキガのトラブルを改善するだけではなく、夜尿症の用途にも用いられ、実感できるメリットも多いことが特徴となっています。

2、プロバンサインの効果とは?

プロバンサインは、毎日1~3錠摂取するだけで、1時間後には汗が出にくくなり、1錠あたりでも3~4時間は汗が止まっている効果を実感できる薬です。

もともとの体質や、その日のカラダのコンディションによっては、朝に1錠飲むだけでも10時間以上汗やワキガのニオイをおさえる効果が実感できることもあるよう。

MEMO
ブロバンサインは、ワキから出る汗やニオイの解消ばかりではなく、お顔や胸元、足裏と、全身から出る汗とニオイをおさえる効果があります。

また、お顔やワキはもともと皮脂が過剰に分泌しやすく、この皮脂が空気中に触れて不快なニオイを発してしまうこともあります。

プロバンサインは、皮脂の過剰な分泌をコントロールする作用も報告されているため、肌質をさらさらしキープする効果も期待できます。

プロバンサインの有効成分であるプロパンテリン臭化物には、多汗症や夜尿症、胃炎や腸炎といった幅広い薬効があり、活用されるシチュエーションも幅広くなっています。

プロバンサインを購入する人の多くは、手やお顔にかきすぎる汗の症状を抑える目的が一般的。日本国内にて、先発薬のプロバンサインを販売している、ファイザー社のデータによると、ワキガや多汗症に対しての有効性は、80%を超えていることが明らかになっています。

プロバンサインの臨床試験では、10人中8人に汗を止める作用、ニオイをおさえる効果が実感できているとのデータが報告されています。

3、プロバンサインの口コミをご紹介!

プロバンサインを購入してみたい、ワキガや多汗症の改善に役立てたいと思うみなさんは、まずはじめに利用している人の口コミをチェックすることも多いのではないでしょうか?

プロバンサインを利用している人は、年齢や性別に問わず、幅広い年代の男女がいて、それぞれにいろいろな意見があるようです。

プロバンサインの良い口コミ・悪い口コミの両方の評判を集めてご紹介します。

~プロバンサインの良い口コミ~

◇全身多汗(特に、頭・背中・手足)で、空調の効いた快適な空間でも、私だけ頭・額・背中はいつもびちょびちょでした。
トイレで背中の汗を確認する度に憂鬱な日々でした。
初めてプロバンサインを飲んだ時の感動と驚きは今でも鮮明に覚えています。
大げさですが、人生が変わりました。
トイレで背中の汗を確認した時、サラサラなのです。

◇サラサラの自分の背中、初めての体験でした。
美容室で首元辺りを触られてもサラサラです。
“今日は薬を飲んでいるから大丈夫”と思うだけで心が落ち着いて、更に効果が出るように思います。汗で悩んでいる方は是非お試しください。

◇これは感動の一言。自分の場合は飲むと効果が切れてから6時間程度食欲が減衰し、風邪を引いた時の様な倦怠感に包まれますが、ここぞという時の強い味方になってくれます。口の渇きは確かに尋常ではありませんが、本当に汗で悩んでる方にとってはそんなもの気になりません。服用する時はいつも2錠飲んでます。空腹時でないとほとんど効果ありませんので調整は難しいですが魔法の薬です。

~プロバンサインの悪い口コミ~

◇とても喉が渇きます。
唾液が出ないので人と話をすることさえ困難ですが、
頭から滴り落ちる汗に比べれば苦になりません。
汗はわりと止まります。100%ではないですが。

◇服用後、30分~1時間ぐらいで効いてきますが喉はすごく渇きますので飲むタイミングを考えないとご飯も飲み込めませんのでご注意を。

4、プロバンサインを買うには

プロバンサインの良い口コミと悪い口コミ・評判をチェックしてみると、喉が渇きやすくなるウィークポイントはあるものの、汗やニオイをブロックする効果は、高く評価されていることがわかりましたね。

ますます興味を惹かれるプロバンサインの、クリニックでの処方、個人輸入代行、ネット通販からの購入について、それぞれの方法をわかりやすくまとめていきます。

プロバンサインは市販で購入できる?

プロバンサインを、お買い物のついでに、身近な店舗で購入できたらとても便利ですよね。ですが、現在のところ、プロバンサインは薬局やドラッグストアなどの市販で購入することはできず、処方箋が必要な医薬品に分類されています。

クリニックで処方を受ける方法

プロバンサインは、保険が適用される医薬品で、クリニックで診察を受け、ドクターを相談をしながら処方を受けることができます。

プロバンサインは、皮膚科や内科、心療内科や精神科などで処方が受けられ、今では美容外科や美容クリニックでも購入できるようになっています。

多汗症やニオイに関する治療の場合は、皮膚科が気軽に通院でき、余計な心配や負担を感じてしまうことがありません。

個人輸入代行・ネット通販で購入する方法

インターネットサイトで展開されている個人輸入代行やネット通販は、クリニックに行って診察や処方を受けなくても、注文するだけでプロバンサインを手軽に購入できます。

利用している人が多く、実績のあるオオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代行・ネット通販では、プロバンサインが100錠入りの商品を6,000円程度とリースナブルに購入でき、こちらの商品はコストパフォーマンスにも優れています。

クリニックでプロバンサインを処方されると、薬代のほかにも診察料がかかってしまったり、通院する手間があるデメリットが負担。

ですが、プロバンサインをこのような個人輸入代行、ネット通販で購入することは、時間やコストを気にせずいつでも注文できるメリットがあります。

プロバンサインをクリニックで処方すること、個人輸入代行やネット通販で処方することに、効果の出方が変わってしまうことはありません。

プロバンサインを服用し、効かないと感じている場合は、この医薬品がもともとの体質と合っていない、相性の面もかかわりがあるようです。

多汗症や汗のニオイ、ワキガの治療には、プロバンサイン以外にもいくつかの治療薬が開発されているため、まずはクリニックで診察を受け、ドクターと相談しながら体質にマッチした医薬品の処方を受けるようにしましょう。

4、プロバンサインにはどんな副作用がある?

プロバンサインは、医薬品のため、個人差はあるものの次のような副作用が出ることがあります。プロバンサインの発症頻度が高いといわれている副作用は、

・便秘

・口の渇き

・排尿障害

・ドライアイ

などが報告されています。口が渇く副作用の発症頻度は、臨床試験によると30%以上の確率で、この情報は口コミでも多数報告されています。

便秘と排尿障害においては、15%になり、プロバンサインを服用し、効果がなくなるタイミングで副作用も一緒になくなることが多いようです。

稀なケースではあるものの、体質やその日の体調によっては、腹痛や不正出血、頻尿やほてり、頭痛やめまい、吐き気や嘔吐などの副作用も報告されています。

また、カラダのコンディションが揺らぎやすい妊娠中や産後、授乳中はプロバンサインの服用ができません。

プロバンサインの副作用対策

プロバンサインは、服用した多くの方が、お口や喉の渇きによる副作用を感じやすいといわれています。

そのため、プロバンサインを服用した後は、こまめに水分補給をしたり、お出かけの際にもペットボトルの水を持ち歩くことがおすすめです。

口や喉の渇きは多くの人が感じると思うので、プロバンサインを服用して外出する時は水分補給をこまめにした方がいいです。

プロバンサインによって、いつもよりも目が乾きやすいと感じることもありますので、特にコンタクトを常用している方は、目薬を用意しておくと安心です。

プロバンサインは、一日に1~3錠が服用の目安となっています。副作用が気になる場合は、はじめは少量から服用をスタートし、カラダが慣れてきたタイミングを見ながら、徐々に増やしてバランスよく調整してみましょう。

5、薬による体への影響

カラダに対する薬の影響は本当にさまざまで、年代や毎日の生活習慣、過去の病歴なども複合的にかかわりがあります。

ここでは、薬によるカラダへの影響を、年代やシチュエーション別にまとめてご紹介します。

妊娠中・授乳中への影響

プロバンサインを含めた医薬品は、母体を通じて赤ちゃんの成長に影響を及ぼす可能性があるといわれています。

妊娠している女性の場合、妊娠の週数によって薬の影響が出やすくなることもあります。

虚弱体質への影

体質が弱いことで、腎臓や肝臓の機能が低下していたり、長期間複数の薬を使用していることが多いため、薬の成分が体内に留まる時間が長くなり、副作用が出やすくなります。

若い世代への影響

多汗症やワキガに悩む若い世代の男女は増えていますが、カラダが成長過程にある若い世代が薬を飲むと、成分を分解・排出する能力が弱いため、副作用によるダメージを感じやすくなります。

6、まとめ

プロバンサインのお役立ち情報、参考にいただけましたか?

プロバンサインは、表面的にアプローチできるスプレーやクリームなどのデオドラント製品とは違い、カラダの内側から多汗症やワキガに作用できる便利な薬。

副作用の対策をしっかりと把握し、正しく服用をしていけば、徐々に体質の変化が実感できることを期待してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です